2010年01月23日

海堂氏に名誉棄損で賠償命令(医療介護CBニュース)

 「チーム・バチスタの栄光」などで知られる作家で医師の海堂尊氏がインターネット上で記載した記事によって名誉を傷つけられたとして、日本病理学会副理事長の深山正久東大教授が、海堂氏と記事を掲載した日経BP社、宝島社に計1430万円(海堂氏は330万円)の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めた訴訟の判決で東京地裁は1月18日、名誉棄損を認め、海堂氏に110万円の支払いを命じた。両社に対する訴訟は継続中。

 海堂氏は、深山教授が解剖前の遺体をCT撮影して死因特定に役立てる「死亡時画像病理診断」(Ai)の有効性について「解剖前の情報として有効だが、解剖に代わるものではない」と提唱している点について、インターネット上で「Ai研究がだめにされる」などと言及。また、深山教授が厚生労働省の補助金を受け、主任研究員としてAiを研究した点についても、専門外で研究実績がないにもかかわらず、厚労省とのパイプがあるため主任研究員になり得たという見解を記載した。こうした記事に対し、深山教授は名誉が傷つけられたと主張、提訴していた。
 畠山稔裁判長は、記事中に深山教授が厚労省と癒着し、研究費を受けた印象を与える記載がある点などについて、事実と裏付ける証拠はなく、深山教授の社会的評価を低下させると指摘。海堂氏に対して損害賠償を命じた。

■「学術の場での反論を」-海堂氏
 判決後、海堂氏は記者会見し、これまで面識もなかった深山教授を誹謗中傷する理由はないとした上で「わたしの批判に対し、反論し議論する場は、裁判所ではなく学術の場であってほしかった」と語った。


【関連記事】
専門医らが「Ai情報センター」設立
法医学教室の医師数が減少
死亡時画像病理診断、費用に課題
この国は「死因不明社会」
死因究明にAi(画像病理診断)

高血圧症予防を目指し「塩を減らそうプロジェクト」が発足(医療介護CBニュース)
<柳楽優弥さん>豊田エリーさんと挙式(毎日新聞)
鳥取・米子「ダラズFM」6月に開局(産経新聞)
<NTTドコモ>東京などで通信障害  (毎日新聞)
<南極>日本が初の各国基地査察へ 廃棄物の適正処理などで(毎日新聞)
posted by ビビアン at 09:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。