2010年01月31日

保育所定員、5年で25万人増=政府が少子化対策ビジョン(時事通信)

 政府は29日午前の閣議で、今後5年間で取り組む少子化対策をまとめた「子ども・子育てビジョン」を決定した。待機児童対策として、小中学校の空き教室などの保育所への転用を促進。これにより保育児童を毎年5万人ずつ増やし、2014年度末には現在より25万人多い241万人にする目標を掲げた。育児や出産をしやすい環境を整え、少子化に歯止めを掛ける狙いだ。
 保育所の拡充により、3歳未満の保育児童の割合を現在の4人に1人から、3人に1人に上昇させることを目指す。病児・病後児保育の受け入れ可能人数は、延べ31万人から200万人に大幅に増やす。 

【関連ニュース】
歳入庁創設に前向き=「組織改廃は当然」
省庁再編、参院選後に検討着手=「幼保一元化」11年度に法案
自民運動方針の要旨
保育の在り方など議論=仙谷担当相
福島消費者相が欧州へ出発

赤信号通過のパトカー衝突=不審車追跡中、交差点で−兵庫(時事通信)
自民・谷垣総裁が山崎、保岡、片山3氏の公認見送りを正式表明(産経新聞)
センター試験の外国人参政権「容認」 川端文科相「問題ない」(産経新聞)
山口・防府豪雨から半年 重源教えの湯、再開へ 住民らが石風呂復旧 (産経新聞)
福島氏、求心力にかげり…対民主の不満根強く(読売新聞)
posted by ビビアン at 01:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。